MENU

カードローン申し込みに収入証明書は不要です

収入証明書(配偶者のもの)は必要ありません。

 

収入証明書が必要になるのは、申込者本人にパート収入などがあり、より限度額の大きいカードローンを申し込む場合です。
また、本人に収入がある場合は消費者金融系のカードローンも申し込むこともできます。
収入証明書を必要とする利用限度額は、各銀行・消費者金融によって異なりますので、下図を参照して下さい。

銀行カードローン 専業主婦の借入可能限度額 収入証明書提出金額
セブン銀行カードローン 最高50万円 不要
イオン銀行カードローン BIG 最高50万円 300万円〜
楽天銀行カードローン 最高50万円 300万円〜
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 最高30万円 100万円〜
東京スター銀行カードローン 申込み時に希望金額を入力、限度額は審査次第 300万円〜
新生銀行カードローンレイク 最高30万円 100万円〜
みずほ銀行カードローン MyWing 最高50万円 不要
じぶん銀行カードローン 最高30万円 300万円〜
アイフル 消費者金融 専業主婦借入不可 50万円〜
アコム 消費者金融 専業主婦借入不可 50万円〜
モビット 消費者金融 専業主婦借入不可 50万円〜
プロミス 消費者金融 専業主婦借入不可 50万円〜

夫の収入証明書を提出すれば、何かいいことがある?

専業主婦の借入に収入証明書は不要なので、提出はできませんし、なにか特別な配慮をしてもらえることもありません。
限度額が上がることも、審査に通過しやすくなることもありません。

 

収入証明書を提出したら限度額はアップできる?

専業主婦が配偶者の収入証明書を用意しても、申込時に借入限度額をアップできるわけではありません。
しかし利用状況や返済状況によって、借入限度額をアップしてもらえる可能性もあります。
この場合、以下のような手順を踏みます。

金融機関所定の限度額で申し込み

カードローンを利用して、きちんと返済することで信用を作る(最低半年ぐらいの取引期間は必要)

インターネットや電話で借入限度額アップの申込み

再審査が行われ、銀行からOKが出れば限度額がアップ

借入限度額をアップすると、毎月の返済額も大きくなる場合があります。
無理のない返済プランを立てましょう。
また、借入限度額をアップした場合でも、他銀行の借入額が多い場合などには借入額を制限される場合があります。

カードローン豆知識:収入証明書として認められる書類

収入証明書という専用の書類は存在せず、収入がわかる書類全般を『収入証明書』と呼んでいます。

 

収入証明書として認められる書類 申し込み先
源泉徴収表 働いている人の収入(年収)を証明する書類、勤め先から年末に渡される(申し出れば再発行可)
住民税決定通知書・納税証明書・課税証明書 所得証明書とも呼ばれる場合もあり、市役所・区役所にて発行(有料)
確定申告書控え 確定申告時に発行される
給与明細書・給与振込口座の通帳写し 直近2〜3か月分、金融機関によって異なる(※)

※:手書き不可、社名が記載されていることなどの条件あり、カードローン会社に相談し要確認

専業主婦のカードローン申し込みと収入証明書が不要な理由まとめ

収入証明書の提出が求められるのは、銀行カードローンで最低でも100万円以上借りたいと希望する人のみ

 

専業主婦は借入限度額が30〜50万円程度なので、収入証明書の提出は元から必要なし