MENU

審査内容に違いはあるか

カードローンの審査内容

銀行のカードローンは、保証会社による保証を付けるのが一般的です。

審査は保証会社の審査、銀行の審査と2回に分けて行われますが、保証会社の審査に通ればほぼOKとなるようです。

 

これに対して、消費者金融の審査は自社で行われます。

銀行のカードローンに比べて審査結果の回答が早い傾向にあります。

レディースローンは審査に通りやすいの?

レディースローンは、女性が申込みやすいよう女性スタッフが対応しているだけです。

審査内容などは、通常のカードローンとなんら変わりません。

銀行カードローンと消費者金融系の違い

総量規制導入前、銀行系カードローンの審査は厳しく、消費者金融系カードローンは比較的借りやすいという状況でした。

しかし総量規制の導入により大きな影響を及ぼしました。

専業主婦が申し込めるのは銀行系のカードローンだけになり消費者金融では借りることが出来なくなったのです。

銀行で借りる

住宅ローンがメイン、借り入れ金額も大きく審査が最も厳しい
現在ほど銀行にカードローンがなく、あっても積極的に宣伝もしていなかった

消費者金融で借りる

専業主婦でも借りられた
増額も比較的楽にでき、利用しやすかった

総量規制の導入により銀行は借りやすく、消費者金融は逆に借りにくくなったと言われています。

銀行で借りる

小額でも借りられるカードローンが増えた
専業主婦が唯一借りられるカードローンとなった

消費者金融で借りる

専業主婦は借り入れできなくなった
審査が厳しくなり、借入限度額の上限も設定された

カードローン会社は、それぞれ独自の審査ノウハウを持っていますが、審査する項目や内容についてはほぼ同じです。

  • 既存借入の有無や金額
  • 職業、勤続年数
  • 性別
  • 家族状況
  • 住宅の種別

審査の通りやすさなど生じないように思えますが、実際には「A社でダメだったけど、B社はOKだった」なんてこともあります。

各審査項目のどの部分に重点を置くか、どこまでをOKにするかなどの基準が各会社によって異なるからです。

 

ただし、各社の基準などは一切公表されておらず、実質的にはどの会社でもあまり差がないのも事実です。

誘い文句に注意!

「審査が甘い」「誰でもOK」といった広告を見かけることもあるかと思います。

しかし「借入の容易さ」を過度にアピールすることは、貸金業法で禁止されています。

このような広告を出している会社はヤミ金業者の可能性が高いので注意して下さい。