MENU

カードローンはマイナス要因になる?

ローン審査で重要な返済比率

ローン審査の重要な基準の一つに「返済比率」という数字があります。

これは「年収に占めるローン返済額の割合」を指します。

返済比率=年間のローン返済額÷年収×100%

返済比率は、高くなるほどローン審査で不利となり、年収によっても基準が異なります。

年収別返済比率の基準
年収 返済比率
200万円以下 20%以下
200万円〜300万円 25%以下
300万円〜400万円 30%以下

上記基準からすると、年収300万円以上の方であれば返済比率の上限は30%となります。

 

したがって、年収300万円の方であれば、基準を満たす年間返済額の目安は

300万円×30%=90万円

年間返済額90万円、月の返済額にすると7万5千円となります。

ただし、返済比率の基準は各銀行が各自定めており、担保の有無によっても異なりますので、あくまで参考としてとどめて下さい。

夫のローン審査に影響を与えるか

限度額30万円のカードローンを専業主婦が持っている場合、借りているお金がない時でも信用情報機関が調査をすると「30万円の借入あり」とみなされます。

これはカードローン枠を所持していることで「新たな与信判断なしで、すぐに借り入れできる」と判断されるからです。

 

借りているお金がなくても「借入金」ありと見られているので注意しなければなりません。

 

万が一カードローンを作成する場合は可能な限り限度額を低く設定しておくほうが無難と言えます。

専業主婦がカードローンを作っても、通常は夫のローン審査に影響を与えることはありません。

専業主婦のカードローンは無収入を前提に貸し出しているからです。

 

しかし、妻が働いている場合、カードローン枠が夫のローンに影響します。

一つ目は住宅ローンです。

住宅ローンは自宅を共有財産として、夫婦の持分割合に応じて2人で借りることになります。

例)自宅購入価格:5000万円

持分割合:夫60%

妻:40%

ローン借入額:5000万円

住宅ローン:夫3000万円・妻2000万円

この場合、妻のカードローン枠は妻分の住宅ローン審査に影響し、結果として住宅ローン全体に影響を与えることになります。

妻も債務者になるのため審査対象となるわけです。

 

二つ目は妻が夫のローンで連帯保証人となる場合です。

連帯保証人である妻は、夫が返済不能になった場合に債務を負うことになるため、審査対象となります。

ただし、あくまでもメインとなるのは夫の信用状況であり、妻の借入額や信用状況でローン可否が決まるわけではありません。

 

なお、夫の住宅ローンと妻の関係について、ネットでは次のような間違った情報が見受けられます。

自宅を共有名義にすると妻も審査対象となる。

妻の持分を担保に提供するだけで妻も審査対象になる。

住宅ローンで審査対象となるのは、あくまで債務者と連帯保証人だけですので、間違った情報に惑わされないようにしましょう。

まとめ

  • 通常、専業主婦のカードローンが夫のローン審査に影響を与えることはない
  • 夫のローン審査に影響するのは「夫婦共同で借りるローン」「連帯保証人」となる場合だけ
  • 他のローンもある方は返済比率に注意